事故

金の事を考える老夫婦

相続相談以外に、行政書士が行うものとして交通事故の各種書類作成があります。
内容としては示談書、自賠責保険に関する各書類(異議申立てや保険の請求など)と後遺症障害の申請です。
これらは内容や相手によっては拒否されることもある為、行政書士によって性格に作成された書類を用いることで、異議申立てなどを通りやすくするのです。特に、後遺症障害は今後の生活にも関わる重要な事柄であることから、しっかりと行う必要があります。

証明

仲良く微笑む

行政書士は、相続相談以外にも各種証明書の作成を行っています。
その中にはビザ(帰化も含む)や車庫証明、内容証明や契約書の証明書作成も含まれています。特に契約書などはクーリングオフに利用できる場合もあり、購入トラブルの解決策として利用できるケースも多いです。

内容証明とは、企業や個人間で行われた相談や各種書類の存在、内容を証明するというものであり今までの記録を提示する場合に利用されます。
車庫証明は車検で必要となる書類であり、これがない場合は車検を受けられないというケースもあるため、作成しておくことが車を所有する上で必要不可欠となります。

遺留分

孫と仲良く

遺産の相続ケースによっては、親族ではなく知人にすべての財産を相続するということがあります。
その場合、親族は弁護士や行政書士に相談することで、遺留分減殺請求を行うことが出来ます。本来、親族には遺留分と呼ばれる遺産相続権が存在しており、遺言書で第三者に全て相続させるとされている場合でも、最低限の財産は受け取る権利があるのです。

こうした知識を前もって持っておくことで、遺言書開封後のトラブルを減らすことが出来ます。
また、相談もスムーズに行うことができるので、短時間で字体が収束し日常生活へ戻りやすくなるのです。

行政書士

書類を見る男性

行政書士とは、遺産相続やその書類作成の相談に乗ることで、スムーズな相続を実現させる存在となっています。
そうしたことから役割的にも非常に重要であり、相談しておいて損はない存在だと言われています。特に親族が多い、配分が遺言作成者の手に負えないという場合は一緒にその方法を考えることで、トラブルを軽減させる役割もあります。

こうった士業を生業としている人々は事務所を構えている、もしくは所属している事が殆どであり、依頼の際には事務所を訪れることとなります。
ネット上のやりとりだけではなく、実際に窓口で相談することでその存在をしっかりと確認でき、信頼できるので予約はネットで取り、相談は事務所で行うというのが一般的です。